ホーム > 脳の健康教室のお話 > 脳の健康教室の進め方

脳の健康教室の進め方

教室での学習の流れ

標準的な教室の例

教室サポーター5名とサポートリーダー1名の
合計6名の体制で運営します。

1時限10名の受講者の教室レイアウト

脳の健康教室の教材

脳の健康教室では、読み書き・計算の教材を学習していただきます。教材は読みやすい大きな活字を使い、読み書き教材では、学習者の皆さまに親しみやすい題材を選ぶなど、楽しく学習できるように配慮されています。計算教材もラクにできます。1日の学習は読み書き教材3枚、計算教材3枚の合計6枚です。教室ではすうじ盤学習も行います。

読み書き教材の概要
ことわざ・会話文・短歌
歌・歳時記・詩
いろはかるた・日記・昔話
俳句・旅行記
百人一首・理科社会
児童文学
計算教材の概要
たし算(暗算)
たし算・ひき算(暗算)
たし算・ひき算(筆算)
かけ算

すうじ盤(100)の学習

すうじ盤は数字が順に書かれたシートの上に、同じ数字が書かれた磁石入りの駒を、手に取ったものから置いていくだけの単純なゲームです。毎回早く並べられるようになるのが楽しみです。読み書き・計算の学習と同様に前頭前野を活性化します。