くもん学習療法センター

くもん学習療法センター脳と認知症 > 脳の働きと前頭前野

脳の働きと前頭前野

認知症の症状のほとんどは、大脳にある「前頭前野」の機能に関係があります。
「前頭前野」はどのような働きをするのでしょうか?

人間の脳と前頭前野

脳は大きな一つのかたまりではなく、異なった機能を持ついくつかの領域に分かれています。大きくは、大脳、小脳、脳幹とよばれる三つの部分に分かれます。この中で、人間としての特徴をいちばん表しているのは大脳です。大脳は、さらに後頭葉、側頭葉、頭頂葉、前頭葉の四つの部分に分かれています。


人間の脳を横から見たイラストです。額の裏側に前頭葉があり、その中にぜんとうぜんやと呼ばれる領域があります。

サルおよびヒトの研究の結果、前頭葉の中の「前頭前野」という領域が、脳のほかの領域を制御する、最も高次な中枢であることが明らかになりました。前頭前野は額のちょうど裏側にあり、人間の大脳皮質の約30%を占める巨大な領域です。


この割合は、人間が一番大きく、高度な脳活動をすることで知られている類人猿も、10%以下しかありません。 つまり、生物学的に見た人間の特徴は、大きく発達した前頭前野を持つ動物である、ということができます。


前頭前野の働き

人間の前頭前野には

  1. 思考する
  2. 行動を抑制する
  3. コミュニケーション(対話)する
  4. 意思を決定する
  5. 情動(感情)を制御する
  6. 記憶をコントロールする
  7. 意識・注意を集中する
  8. 注意を分散する
  9. 意欲を出す

などの働きがあります。これらは、まさに人間を人間たらしめている高次の機能です。つまり、前頭前野は“人間の心”そのものといえるでしょう。また、前頭前野が命令を発することで、脳のほかの領域の機能が働くという点で、「前頭前野は、脳の司令塔」ともいえます。


このページの先頭へ戻る