ホーム > 導入を検討する > 脳の健康教室の導入 > 導入までの流れ

導入までの流れ

導入(開講)までの流れ

お問い合わせから~開講までのサポート

まずは、弊社担当者による資料送付から訪問説明および詳細な打ち合わせをさせていただき、貴団体の方向性や状況に併せた開講イメージ(計画)をご相談ください。その後、教室サポーター・受講者の募集方法やツール(チラシ等)を提案します。開講に向けて教室サポーターを対象としたスタート研修・実地研修を実施します。研修マニュアル・運営ツール・情報テキスト等も完備しております。

1.資料のご送付

脳の健康教室の開講をご検討いただくための資料をお送りします。ご希望があれば、訪問してご説明いたします。

2.詳細打ち合わせ

開講が決まりましたら、担当者が訪問して今後のスケジュール等を詳細に打ち合わせさせていただきます。

3.教室サポーター・受講者の募集

地域住民の方々の中から、受講者の支援を行う教室サポーター(ボランティア)の方々と受講者を募集します。広報紙や公共スペース等でのチラシ配布や積み置きなどで募集します。チラシのひな型を提供いたします。

4.スタート研修

学習支援を含め、受講者を支援していただく教室サポーターの方々に、脳の健康教室の理論と模擬演習を含めた3時間半の研修をさせていただきます。

5.初回学習日運営支援

学習の初日に担当者が訪問して、教室サポーターの方々に受講者支援のアドバイスをさせていただきます。

6.フォローアップ研修

開講後3ヵ月前後の時期に、担当者が訪問して教室サポーターの方々からの疑問、相談等におこたえしたり、改めて基本を確認いただくための研修をさせていただきます。