ホーム > 導入を検討する > 脳の健康教室の導入 > 費用シミュレーション

費用シミュレーション

費用計算のための条件を検討します

各項目について「参考例」をもとにご検討ください。検討した金額や人数を入力すると、受講者36人の場合、30人の場合、24人の場合について自動計算します。

金額と人数を入力してください。

※このシュミレーションは2017年度用です。従いまして、各単価は2017年4月1日以降の金額です。
※このシュミレーションは初年度に脳の健康教室を1教室開講する場合に限られます。
 複数の教室を開講する場合は別途「研修費」が発生いたしますので、弊社にお問い合わせ願います。

■受講者の費用負担
月額(円)
■教室サポーターの謝礼
教室1回分(円)
■教室の会場費用
1か月分(円)
■教室サポーターの人数
教室日1日あたりの人数

詳細は各項目にマウスをのせてください。

■主催者の研修受講者
人数
  • 36名収支
  • 30名収支
  • 24名収支
  • 6テーブル・3時限モデル=受講者数36名

    開講にあたり必要な費用の計算

    開講月前に必要な費用(税別)

    1.初期導入費

    教室開講時のスタート研修+教室初日実施研修(開講時研修)、中間時点でのフォローアップ研修までを含みます。

    ¥ 100,000

    ※a・bに数を入力してください。

    a 主催者スタッフ (a≧1)
    b 教室サポーター (b≧d)
    c 受講者数 36
    d 学習テーブル 6テーブル
    2.教室運営用物品【弊社斡旋物品】※印は斡旋物品以外
    品名 単価 必要数 数量 金額
    採点ペン 480 d 6
    チップ芯 175 消耗品 2
    スペアインク 170 消耗品 5
    脳を鍛える大人のすうじ盤 3,000 d 6
    ストップウォッチ 680 d 6
    すうじ盤目安+脳画像 100 d 6
    サポーターマニュアル 無償貸与 a+b
    楽習記録 20 c
    スタート教材 100 a+b+c
    脳の老化を防ぐ(パンフレット) 10 a+b+c
    脳の健康を保つために(パンフレット) 10 a+b+c
    ※デジタル時計 2,000 d 6
    ※ひもつき名札 100 b+c
    ※鉛筆・消しゴム・筆入れ 600 消耗品 1
    ※の金額は大まかな目安です

    月次収支シミュレーション

    費目 開講前 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 合計 税込(8%)
    受講費(収入)
    実施料
    初期導入費
    サポーター謝金
    備品費用
    会場費用
    茶菓費
    月間収支

    ご注意

    • 開講期間は5ヶ月間として想定しました。
    • 「実施料」「初期導入費」「斡旋物品代金」は請求書発行翌月10日(金融期間休業日の場合は翌営業日までにお支払いいただきますので、収支シミュレーションは実際には月がずれます。)
    • 教室運営備品は、繰り返して使用できる物が多く含まれていますので、教室を継続して実施する場合は、収支は改善されます。
    この条件による5ヶ月間の収支(税込)は・・・
  • 5テーブル・3時限モデル=受講者数30名

    開講にあたり必要な費用の計算

    開講月前に必要な費用(税別)

    1.初期導入費

    教室開講時のスタート研修+教室初日実施研修(開講時研修)、中間時点でのフォローアップ研修までを含みます。

    ¥ 100,000

    ※a・bに数を入力してください。

    a 主催者スタッフ (a≧1)
    b 教室サポーター (b≧d)
    c 受講者数 30
    d 学習テーブル 5テーブル
    2.教室運営用物品【弊社斡旋物品】※印は斡旋物品以外
    品名 単価 必要数 数量 金額
    採点ペン 480 d 5
    チップ芯 175 消耗品 2
    スペアインク 170 消耗品 5
    脳を鍛える大人のすうじ盤 3,000 d 5
    ストップウォッチ 680 d 5
    すうじ盤目安+脳画像 100 d 5
    サポーターマニュアル 無償貸与 a+b
    楽習記録 20 c
    スタート教材 100 a+b+c
    脳の老化を防ぐ(パンフレット) 10 a+b+c
    脳の健康を保つために(パンフレット) 10 a+b+c
    ※デジタル時計 2,000 d 5
    ※ひもつき名札 100 b+c
    ※鉛筆・消しゴム・筆入れ 600 消耗品 1
    ※の金額は大まかな目安です

    月次収支シミュレーション

    費目 開講前 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 合計 税込(8%)
    受講費(収入)
    実施料
    初期導入費
    サポーター謝金
    備品費用
    会場費用
    茶菓費
    月間収支

    ご注意

    • 開講期間は5ヶ月間として想定しました。
    • 「実施料」「初期導入費」「斡旋物品代金」は請求書発行翌月10日(金融期間休業日の場合は翌営業日までにお支払いいただきますので、収支シミュレーションは実際には月がずれます。)
    • 教室運営備品は、繰り返して使用できる物が多く含まれていますので、教室を継続して実施する場合は、収支は改善されます。
    この条件による5ヶ月間の収支(税込)は・・・
  • 6テーブル・2時限モデル=受講者数24名

    開講にあたり必要な費用の計算

    開講月前に必要な費用(税別)

    1.初期導入費

    教室開講時のスタート研修+教室初日実施研修(開講時研修)、中間時点でのフォローアップ研修までを含みます。

    ¥ 100,000

    ※a・bに数を入力してください。

    a 主催者スタッフ (a≧1)
    b 教室サポーター (b≧d)
    c 受講者数 24
    d 学習テーブル 6テーブル
    2.教室運営用物品【弊社斡旋物品】※印は斡旋物品以外
    品名 単価 必要数 数量 金額
    採点ペン 480 d 6
    チップ芯 175 消耗品 2
    スペアインク 170 消耗品 5
    脳を鍛える大人のすうじ盤 3,000 d 6
    ストップウォッチ 680 d 6
    すうじ盤目安+脳画像 100 d 6
    サポーターマニュアル 無償貸与 a+b
    楽習記録 20 c
    スタート教材 100 a+b+c
    脳の老化を防ぐ(パンフレット) 10 a+b+c
    脳の健康を保つために(パンフレット) 10 a+b+c
    ※デジタル時計 2,000 d 6
    ※ひもつき名札 100 b+c
    ※鉛筆・消しゴム・筆入れ 600 消耗品 1
    ※の金額は大まかな目安です

    月次収支シミュレーション

    費目 開講前 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 合計 税込(8%)
    受講費(収入)
    実施料
    初期導入費
    サポーター謝金
    備品費用
    会場費用
    茶菓費
    月間収支

    ご注意

    • 開講期間は5ヶ月間として想定しました。
    • 「実施料」「初期導入費」「斡旋物品代金」は請求書発行翌月10日(金融期間休業日の場合は翌営業日までにお支払いいただきますので、収支シミュレーションは実際には月がずれます。)
    • 教室運営備品は、繰り返して使用できる物が多く含まれていますので、教室を継続して実施する場合は、収支は改善されます。
    この条件による5ヶ月間の収支(税込)は・・・