ホーム > 記者発表会のご案内

記者発表会のご案内

天理市 成果連動型支払事業「脳の健康教室」
最終報告 記者発表会のご案内

2018年4月吉日
公文教育研究会 学習療法センター
代表 大竹洋司

各位

拝啓 春陽の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

来たる4月17日(火)、東京都千代田区 三菱ビル コンファレンススクエア エムプラス(JR東京駅 徒歩2分)におきまして、上記の記者発表会を開催いたします。

全国への展開が始まって13年が経過した認知症の維持・改善のための「学習療法」は、現在、国内約1,500の高齢者介護施設で導入され、認知症予防のための「脳の健康教室」は、41都道府県、約230市区町村、約460会場まで広がっており、実施いただいている皆様の、現場での熱心な工夫・研究により、更に高く、更に多面的な効果を追求し、実践するフェーズに入っています。

2016年3月に厚生労働省・経済産業省・農林水産省が三省連名で策定した「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集(保険外サービス活用ガイドブック)」では、各自治体に対しサービス保険外の活用を促していますが、「学習療法」「脳の健康教室」も国から認められ、このガイドブックにおいて参考事例として紹介されました。

また2015年7月にスタートし、2016年の6月末に終了した「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)調査事業」は経済産業省委託事業として採択され、「学習療法導入施設」・「脳の健康教室」にご協力をいただき実施したところ、大きな社会的・費用対便益がもたらされることが明らかになり、その結果を2016年9月に記者発表という形で公表しました。

そして2017年度、成果連動型支払事業として、「脳の健康教室」を奈良県天理市で実施いたしました。その結果、高齢者の脳機能の維持・改善に「脳の健康教室」が寄与することが改めて実証され、地域での仲間づくり、居場所づくり、社会参加と地域づくりにも大いに貢献できることがわかりました。さらには高齢化が進む我が国において、行政の大きな課題である社会保障費の削減に寄与する可能性も明らかになりました。当日は、全国で初めて成果連動型支払事業として「脳の健康教室」を実施された、天理市長にもご発表頂く予定でございます。

介護予防分野において、この度の成果連動型支払事業が国や地域に貢献できることを世の中に広く伝える機会として、天理市、慶應義塾大学、公文教育研究会の共同記者発表会を開催することといたしました。皆様にはぜひご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

ご参加いただける場合は大変お手数ではございますが、同封の参加申込書に必要事項をご記入の上、弊社までFAXでお申し込みください。何卒よろしくお願い申し上げます。

お申し込み書ダウンロード

敬具

天理市 成果連動型支払事業「脳の健康教室」最終報告 記者発表会


三菱ビル外観

日時:2018年4月17日(火)13時30分~15時(13時開場)

会場:東京都千代田区 三菱ビル コンファレンススクエア エムプラス

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 10F(丸ビルの隣)

    交通アクセスのご案内
  • ●JR
  •  「東京駅」(丸の内南口)  徒歩 約2分
  •  京葉線「東京駅」10番出口より直結
  • ●地下鉄
  •  丸ノ内線「東京駅」地下道経由  徒歩 約3分
  •  千代田線「二重橋前駅」4番出口  徒歩 約2分
  •  都営三田線「大手町駅」D1出口  徒歩 約4分
  •  東西線「大手町駅」B1出口  徒歩 約6分

◆お問い合わせ先 〒108-0074 東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル12F

公文教育研究会 学習療法センター(担当:松本、有村)

TEL:03-6836-0050/FAX:03-6836-0260(平日の午前10時~午後5時)