研修会について | 学習療法パートナー

学習療法パートナー

「学習療法パートナー研修会」への私たちの想い

2015年1月に発表された厚生労働省の推計によりますと、2025年には認知症の人が約700万人になると予測されています。これは65歳以上の高齢者に対する割合で考えますと、7人に1人から2025年には5人に1人に上昇するということです。
世界で初めて超高齢社会となった、この日本に生きる国民一人ひとりが、決して他人事で済ます事が出来ない「認知症大国」となる訳です。
認知症になりますと、短期記憶障害や幻覚・妄想…といった様々な症状が現れます。素敵な、素晴らしい思い出を一杯お持ちのご家族にとって、お父様やお母様が認知症になった時の大きな戸惑いと葛藤、そこからご家族の生活が一変することも少なくありません…。

しかし皆さん! そもそも私たちの国、日本には世界に誇る善き文化・風土があります。地域みんなで子どもたちを見守り、地域住民が連携しながら大切な子どもたちの成長に関わるという文化・風土が、伝統的に存在しています。これから益々高齢化が進むわが国では、子どもたちへの関わりとともに、地域社会全体で高齢者の方々を温かく見守り、地域みんなで高齢者を支えていく、そんな地域社会・地域コミュニティを創造することが大切であります。認知症高齢者の方々に対しては、特に重要なことではないでしょうか!

私たち学習療法センターは、その様な地域社会、21世紀型の素晴らしい地域コミュニティ実現のために、この「学習療法パートナー研修会」に一人でも多くの皆様に参加いただきたい! と強く願う次第であります。
この「学習療法パートナー研修会」では、以下のような内容を予定しています。

  • 「認知症とは?」をみんなで学び合い、「認知症の方にどう向き合えばいいのか? 国民一人ひとりに何が出来るのか?」をみんなで考える場にしたいと思います。
  • 認知症に苦しむ方々のために、また、脳の健康を維持するために、脳科学の分野で高い効果が実証されている「学習療法」という希望の光を知っていただきたいと思います。
    ※研修当日には、学習療法の理論やエビデンスの礎となった東北大学・川島隆太教授による「脳科学理論」や「実証研究の内容」を学んでいただき、また映像(アメリカの高齢者介護施設での学習療法の実践ドキュメンタリー映画「僕がジョンと呼ばれるまで」)などを通じて、「学習療法の価値と効果の広がり」も楽しく学んでいただけます。
  • 「認知症の予防のためにできることは何か?」を学び合い、参加者の皆様の日々の生活に役立つような学びをしていただけます。
  • 様々な年代・職業の方々が参加されるこの研修の中で、参加者の皆様が交流され、研修で学ばれたことを活かし、各々の方が超高齢社会を元気に生きるヒントを得ていただく場にしたいと思います。

尚、この「学習療法パートナー研修会」を受講いただいた方には、「受講証明書」を発行し、その後もホームページ 等を通じて情報提供をさせていただきます。また受講していただいた方には、同時に、ご家庭でご家族(3親等まで)に対して実践する学習療法センターの「学習療法 在宅コース」(別途有料)に申し込みいただけます。

10年後、認知症の人が700万人にもなるという、この国の国民一人ひとりが、認知症を知り、高齢者を、地域社会を支える存在に。そして認知症予防の術(すべ)を知り、もし認知症になったとしても、そこには極めて有効な「学習療法」という希望の光がある! ということを世の中に広く伝えたい!!

これが私たちの「学習療法パートナー研修会」への想いです。
一人でも多くの方のご参加を心よりお待ちしています!!